スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【きゅっ?】きゅっ




[広告] VPS



-------------------------------------------------------------------------------------------------------

[広告] VPS



















=============================================================================================
pcにウインドウズムービーメーカーという面白いものが入ってると教えてもらったので
作ってみました><;
良さそうな音楽をみつけてただ画像を張ったりしてるだけの簡単なものですが
そのうちもっと凝ったものも作れるようになりたいですね^^

今回一昔前の古い写真をイメージして作ってみたのですが
出来上がったのを見るとノイズフィルタを効かせ過ぎたのか思ったいじょうに荒く見えまてしまいました・・;;
小さい画面を見ながら作ったので小さい方が見やすいかもしれません・・
これからもっと色々研究してみたいと思います
 
それでは~
スポンサーサイト

【ステ振りによるダメージ比較】きゅっ

レベルは275で基本ステを4114、【攻撃力極め】【回避極め】【HP極め】でそれぞれ特化猫の主要スキルのダメージを比較してみたいと思います(ダメージ計算wiki考察)

*シェイプアップをマスターしその数値も含めてのダメージ計算です。
*メイクアップはマスターで計算します。
*ジャズコンボの一撃目はフルスイングのレベル10で計算、二発目はハイキックのレベル10で計算します。
*もしダメージ計算等の間違いに気が付いた方がいたらご指摘頂けるとうれしいです
*このページは常に更新していく予定です[更新する度に報告しま~す]
=================================================================================================
【攻撃極め】
HP8340
素攻撃力2210
回避98

メイクアップ時 素攻撃力7735 回避68

ハイキック8783
ジャズコンボ 一発目 二発目  トータル
シャープスクリーム22498
================================================================================================
【回避極め】
HP8340
素攻撃力1114
回避198

メイクアップ時 素攻撃力3899 回避138

ハイキック9955
ジャズコンボ 一発目 二発目  トータル
シャープスクリーム18020
================================================================================================
【HP極め】
H16560
素攻撃力1114
回避98

メイクアップ時 素攻撃特3899 回避68

ハイキック6235
ジャズコンボ 一発目 二発目  トータル
===============================================================================================
続更新中

・4/27での感想

援護スタイルが基本でそれこそが特化猫の最強スタイルなのでストレッチがない分HP極めで対処するのが
オススメです、攻撃力はP剣で補う事もでき回避は課金装備であれば素で付いてる数値でもシェイプアップがある為
十分対攻撃職用の回避は確保できると思います(但し攻撃職が本気で命中装備で固めた場合は特化猫も回避装備を
いれなけれかわすことはきびしいでしょう・・ ですがその場合攻撃職の人も他のステが死んでしまうのでそこまでする事は早々ないと思います、あるとすれば魔さんに相対して落とされる心配が皆無+ガード使用時は対魅力用に命中装備で固めてくる事も。しかし攻撃職はポイントヒッター魅力は援護とTSでの活躍度とスタイルは違えど基本TSでの力構図では【攻撃=魅力】の為攻撃職の人もチャンスと有利にならない限り無理して狙ってくるものでもないので大丈夫です)


そしてダメージ比較をしてみた思ったことはボーナス攻撃極め狩では有効ですが
gvでは圧倒的な回避の高さとさほどダメージ効率に差がないのなら回避極めの方が特化猫の持ち味をいかしていていい様にも思えてきました。
ストレッチのない特化猫がHPを確保しても高火力でQS+PSをもらえば助かる術はないのならば
回避極めにしてHP極めほど効果がなくとも
銃のダメージを回避の多さで気持ち程度でも落とせて回避が増えた事で銃いがいでは落とすのは無理なのも特化猫らしくてかっこよいと思います
狩り効率では間違いなくボーナス攻撃極めが有効ですが
高火力の属性武器(伝説装備等)やP剣+属性アクセサリー等が手に入ればそれらも解消するので
回避極めは一番特化猫らしいステ振りのような気もしてきました
但しこれはあくまで装備をしていない状態での計算なのでこれからまた様々な装備を付けたときに各スキルにどれだけ差がでてくるのか(?等も含め再考慮していきたいと思いました。

------------------------------------------------------------------------------------------------

【金曜日タイマー装備なしgv.土曜日課金gv.日曜日シャッフル課金gv】きゅっ

金曜日タイマー装備なしgv 
ルール
【スカン・スメル・スタン・ガード禁止】
途中から
【スキル全開放】禁止すきるなし


この日の全体を通してのチャーム成功率と失敗率 5:5
----------------------------------------------------------------------------------------
たくさん
人いっぱいです

今回は援護重視で動く時は装備を思い切ってアクセ一つを所持にし、その分アクセ一つ分の命中率orHPが下がるもののとりあえずある程度のエリクサーを持ちつつも走れる様にしてみました
その効果は大きくスタンに捕まったり銃さんから距離を取り逃げやすかったです。
今までは所持を切っててでもステを上げ歩きながら攻めたほうが良いという考えでした
例えるなら【すごく強力な剣や鎧を身に着けていてもその重さがすごくてまともに動けない】という感じでした。

これからは援護重視の場合は多少ステが下がっても走れるスタイルで行こうと思います

所持装備
--------------------------------------------------------------------------------------------
最後〆の2試合は2gに分かれての多人数でgvをしました!

たくさん2
わんさか

フリーズ
こちら狸さんが3人もいたので大きく差が出るかと思ったのですが
対戦相手の人達もすばらしく接戦でした
======================================================================================================
======================================================================================================

土曜日課金gv
ルール
【スキル全開放】


2試合のみ[同じギルドさんからの要望]
・お互い兎さんがいない状態【スカン・スメル・スタン・フルハ禁止】

・お互い兎さんがいない状態【スカン・スメル・チャーム禁止】

チャーム成功率・失敗率 5:5

-------------------------------------------------------------------------------------------------
この日は強豪が多い中でのgv対戦が多かったのですが勝てた試合も多く
また負けた試合でもみんなで色々試したり良い仕事できたギルメンがいた時はギルチャでも盛り上がったりと満足感のある試合ですごく楽しかったです

-------------------------------------------------------------------------------------------------
のりZOさんは相変わらず鬼神様な強さで
足止めスキルが禁止の試合で止まることなく突撃してくる牛さん相手をバッサバッサとなぎ倒したり
幸運が低めの銃さんを的確に見つけていっては(その分銃の火力がありました)優先的に狙ったりしてくれたので自分【ききゅ】やガオガオさんといった魅力職がとても動きやすかったです!
ほかにもスタンが強力な相手チームの場合はリザレクション等の注射中心の動きに素早く変えてつつもしっかり
攻撃職の人にもマジックアローを当てたりと状況への適応力も素晴らしかったです。

SL63さんやけゐさんもヒットを確実にとっていき強くなっててすごい!><と思いながら見てました、しっかりヒットを取れる人を見極めチャンスを物にするのはとても素晴らしかったです!
特にガオガオさんは強くなった印象があります、ダウンも少なくヒットもバシバシとっていたりフルハでチャンスを演出していたりと!

特化兎のネムさんや戦略家のkameさんは動きに無駄なく味方が作ったチャンスをしっかり生かしたりと
とにかく戦い方が本当に上手いです。

この日は☆さんは闇特化龍でした
そして相変わらずの超絶技巧派!
相手チームに「もはや銃1人ではneedの魅力は落とせないのではないか・・、他のステを捨ててでも火力にせねば・・」と思わせるほどの超絶リカバ&
その中でもしっかりパララを決めたり、実戦でいろいろと戦い方を研究していたりと飽くなき追求心と探求心。

釜
動きも早い強豪特化兎さん2人を同時に・・

釜1
鎌! きっとけゐさんがこれを見ていたらいたら・・びっくりして思わず「鎌??かまかまかま?? かまーっ!」って言っていたと思います。

特に今回の牛さんでの試合は・・
2戦目
上記は【スカン・スメル・チャーム禁止】での2試合目です
一試合目では足止め等のスキルは禁止の為牛さん突撃し放題かと思われたのですが
のりZOさんを筆頭にとにかく魔の人達の活躍が凄まじかったです

対戦相手チームの方には特化光龍さんがいたので自分【ききゅ】はチャームをず~っと決めてました
成功率が7割りぐらいと高く、スタン.銃さんもいなかった為近づきやすかったです
後、チャームを食らった瞬間にリザレクションを行うといった対処もされなかったのもあるかもしれません。

当然2試合目はチャーム禁止でといわれたのですが逆に相手チームにスタンを使える魔さんが増えていてスタンが解禁になりました(ここら辺ぬかりがないな~)と思ったのですが残念ながらneedにはスタンが使える魔さんが2人もこの日はいたのでした-
☆さんもヒットをモリモリとっていて・・
以下試合結果です

籠さん
☆さんに捧げます【2試合目】

3戦目
猫は黙ってマナブレ! 猫は黙ってバリブレ!(クールポコ風に)【1試合目】

---------------------------------------------------------------------------------------------------
色んな構成の対戦相手の方達に対して職種が豊富なneedは対応力がかなり高めのギルドだと思います。

===================================================================================================

日曜日シャッフル課金gv

ルール 【基本的なものは今の所ガード・スタン・スメル・スカン・チャーム但しこれらは使いたい本人がいれば使用可能、〇ポイント差によっての自重・制限等】

ようするに金曜日のタイマーなしgvのスキル全開放とスキル制限gvを足して2で割ったようなgvというな感じです。
基本制限ありきなのですが、上で書いたようにスキル使いたいと言えば使用は可能で
主催者のうさぎ餅さんが最初に「普段のカチカチの制限gvではない、微・多課金者・スキル等全てを含め柔軟に行いたい」いってくださり自分も気持ち的にスキルの相談がしやすかったりしたのがすごくうれしかったです

ほかにも最近多い銃魔村状態のgvにおいて攻撃職の人がきつすぎる場合はガード可能という緩和的ルールもできたりするので面白いと思います

片方に狸さんがいない場合やお互い狸さんがいても差が付き始めた時はフルハ対抗にスタンをありにして見る等といった事もできるので(スタンは差が付いた時に実際開放してやっている事もありました)
制限ありきのgvといってもそれ自体はかなり柔軟で色々なスキルで試せる等
まだまだ可能性を大きく秘めたとても素晴らしい内容だと思いました。



特化猫の自分はといいますと
前回の平日gvの様に7ポイント差が出たら【スカン・スメル・チャーム】解禁→また7ポイント差が付いたら自重→
以降繰り返しといった風に始めてみました。

次から7ポイント差では遅いという感じでしたのでうさぎ餅さんと1:1で6ポイント差で解禁という事になったのですが
【ききゅ】が間違えて5ポイント差でやってました∑(途中ふと気が付いてしまいましたごめんなさい・・;。;)
ですが感想と結果としましてはポイント差がでて上記のスキルを解禁したとしても思ったほど(?と、いうよりは
さほど戦況を一気にひっくり返す程大きなものでもないという印象を試合をやってみて受けました(ききゅが上手い下手か強い弱いかは別として;。;)


特に昨日参加されていた獅子銃さん達の狙いが魅力に的をしっかり絞っていて耐性ありなし関係なく高火力にて仕事をさせていなかったというのもあったと思いますが(久しぶりにQS42k×2や滅PSをもらいました!)


あくまで自分が特化猫なので猫視点での思考よりになってしまいますが
ポイント差によって開放という事になると差が付くまではまず不利にという事になるので
意外と最初の
【ポイント差が付いたら開放】が良いのか
それとも【ポイント差が付いたら自重】が良いのか
どちらに決めて試合をするかも重要で、試合全体の流れでみると大きな違いがあるようにも思いました


gvを古くからされている方も多く参加はしていますが
参加者・主催者様を含めまだ始まったばかり
試行錯誤をしつつそれがどういった結果につながるかはまだ分かりませんが
ひとまずこうした場を作り皆をまとめてくださっている
主催者(うさぎ餅)さんに感謝とお礼の言葉を言いたいと思います


------------------------------------------------------------------------------------------------------





































応援してます!
=====================================================================================================
http://www.youtube.com/watch?v=dh34v_F7giw

【平日gv】きゅっ

平日gv ルール

①【スカン・スメル・スタン・チャーム禁止】試合の流れをみて主催者さんが途中からチャームを解禁

②【スタン・スメル禁止】スカンとチャームは最初から解禁、途中ポイント差が付いた場合は各自の判断で自重しつつ使用可能との事でしたので、自分は大体お互いの人数構成からみて7ポイント差を基準にしてスキルの自重・使用を心がけていました

主催者さんの【うさぎ餅】さんは試合が始まる前にスキルのどれが開放&制限が付くというのを皆にopで報告してくれるのと、自分【ききゅ】にも1:1で「こういう風に行きたいと思うので・・(ry」と前もって教えてくれるので
いつも自分から聞き苦しく尋ねなくてはならない特化猫からすると随分気持ち的に楽になるのですごい助かります^^

メンバーは両方とも色々な職がそろっていて中でも特化羊【カウンター】が使える人が2人いてチーム分けをしても必ずどちらにも特化羊さんがいるのはすごい面白いと思いました

【特化兎・特化牛・鰤羊2・特化羊2・特化光龍・特化闇龍2・特化猫・特化狸2・特化獅子・鰤狐(銃)・特化狐2】

集合

=====================================================================================================
☆gv感想☆

・チャーム解禁時の成功率が試合によっては成功率が3割もみたない時もあれば、何度も成功したりその差が非常に大きかったのですがもしかしたら特化狐さん2人によっては対チャームスキルのハードスピリットのスキルレベルが低かったのかもしくはまだ覚えていないとかかもです(?
【ハードスピリットの予防率はレベル1でも60%~マスターで120%になります】

チャーム
;。;


特化猫としては味方の攻撃職が相手チームの魔さんに攻撃される前にチャームを仕掛けたいところですが
ききゅの弱さも相まってスタンがないにも関わらずそう簡単に上手くいかないですね><;
相手の銃さんが集中している場合は魔さんにチャームをかけると同時に銃さんに攻撃を始めた場合はQS+PSと食らってしまうのでストレッチがない為特化猫はほぼ即死でそういった事もありますが、銃さんもややその反応が遅れるとQSのみでチャームを賭けた後に逃げ切れます・もしくはQS消費を見てから魔さんに近づく等などと駆け引きがあったりします^^


・特化羊さんが2人いたのですがタイプは微妙に違い
片方の特化羊さんには鏡を張らなければダメージ0,もう片方の特化羊さんは鏡を張らなくても6000~7000代のマジックアローが飛んでくるので脅威でした。
この日のgvで特化羊さんと相対して思ったのはやはり鏡を張るタイミング、そして鏡をずっと張らずにウェトゲインで強引に戦う方法です。
前者は鏡を張らなければダメージ0なのでその羊さんにワザと近づいてシャワーを撃たせたりしてその隙を狙ってもらったり、後は倒れたのを確認して鏡を張れば他の魔さんは魅力が常に鏡を張っていると思うので攻撃はしてこない傾向が高いので鏡を張っていない事をばれない限りさほど脅威はありませんが

逆にもう1人の特化羊さんは鏡を張らずともマジックアローのダメージがすごいので銃さんと組まれるとすごく大変でした

後ウェトゲインで凌ぐというのはエリクサーの消費もすごく、この戦法は猫でしか使えないので
ウェトゲインが使えない狸さんは大変ソウでした

・スカンありになってからはやはり対魔が大幅に増しました^^

============================================================================================
★★まとめ★★ 

【特化羊さんから逃げる場合は特化兎さんの傍へと行く事】
【場合によっては鏡は張らずにウェトゲインで戦う方法も有効】
【スカンは色々な意味でまだまだ効果を期待できる】

---------------------------------------------------------------------------------------------
チャーム2
そういってもらえると特化猫冥利につきます、ぅわ~い























その言葉を聞いたらもう特化猫なんて辞められるわけありません!
====================================================================================================

http://www.youtube.com/watch?v=SJAtA4idrD0&feature=related

【平等と覚悟と】きゅっ

TSでお互い猫【特化猫と鰤猫】をメインキャラに置いている自分はよたニャんさん【以降敬称略】と何故か気があい普段からTSやgvでの猫の戦略や考え方・キャラの立ち位置(職種という意味での)を話し合ったりよくします。



以前、よたニャんさん☆さん【以降敬称略】自分【ききゅ】の三人で話したことがあります


☆「特化猫にチャームあるじゃない?あれは何故禁止なんだろう」

き「魔法が使えなくなるので禁止でとよく言われますね」

☆「禁止にする程でもないと思うな、禁止にされる職使ってみるとみれば分かると思う」

よ「なんでもかんでもやめてくれっていうわがままが社会で適用するとおもうなよってところだな」

き「フルハありなら猫もスカン・スメルありでと言いたくなる時は多いですね」

よ・☆「だな・だね」

よ「それでさ、猫は魅力だろ 前行けよ みたいなねw 
 
  前でても止める術ありません^^ だよ」

き「そうなんですよね」

よ「ぶっちゃけさ、八職ならべたら タヌ>>>いろいろいて>>>猫だからな」

☆「うん」

よ「ま、実際使ってみると猫最強なのがわかるんだけどね、僕最強厨^^」

き「猫は強い部分と弱い部分が極端でバランス取れている気がするので制限が付くと

  極端に弱くなるイメージがありますね、特に特化猫は」

☆「命中上がるスキルないから、耐久力のある火力ない物理職って感じだね」

き「です、そこにスカン系があればチャンスメイクというりっぱな職になれるんですよね」

よ「スカなしで前にいかされるのはきついからねぇ」

き「スキル全開放だと 相手の人を味方陣地まで引きつけてスメルまいたりすると
  やられてても復活した人がそれを見て攻撃してくるので、上手くいきましたみたいな感じで狙えて楽しい
  んですよね」

☆「狸も猫もスカン両方あればおもしろいと思うんだけどな」

よ「スカなしだとフルハ1人でもらってこいという感じだな、CTが多少後ろに当たるけどかすり傷程度だね」

き「皆を代表してきましたこんにちはのあいさつ程度ですね」

☆「多分、猫つくったら制限の時は一発食らったら引くの繰り返ししかない」

き「銃のQSをお土産にもらってなきながら帰る事よくありますね、なので☆さんの回復は猫からみたら神様でしたよ」

よ「だな」

☆「謙虚にリカバ本気だすわ」

---------------------------------------------------------------------------------------------------

もう大分前に引退されましたが以前私がgvに参加しはじめた頃仲良くなった同じ猫使いの人で
色々教えてもらっていてその方がよく言っていた台詞なのですが

「スキル制限はあくまで最終手段なわけじゃない?いかにしても攻略不可能の時のみスキル制限という行為を執行できるのが理想なんだけどみんな簡単に制限を言い始めてきている気がするんだよ

制限をかけるという事は皆が平等であるはずの時間・お金・キャラ愛それらを一度に否定&奪ってしまう行為であるという事を自覚したうえで覚悟をして行わないといけないのだから、本来そう簡単に出来る行為ではないはずなんだよ」

と、その後制限gvが主流であった時期においてあっさり猫でのgv参加に見切りを付け新たに牛を育ててpvできゃっきゃっうふふしてました。

それまで何の疑問も持たずに漫然と特化猫で参加していた自分ですが
そういう意味ではききゅに大きな影響を与えてくれた方でした











その方が引退されてもう随分と時がたっているのですが、最近一段とあの人の声がよく届きます。
======================================================================================================
http://www.youtube.com/watch?v=1lep-SgaHcU&feature=related

【土曜日と日曜日gv記録】きゅっ

土曜日  gvルール 
【スキル全部あり】 

一試合のみ【ガード・雷属性のスキル全て禁止(スタン以外の雷属性のスキルもです)】

一試合のみ途中対戦相手の狸さんが落ちてしまわれたので【スキル全部ありから→スカン・スメルのみ禁止に変更】

=====================================================================================================
初戦
土曜日は助っ人の方が牛さんでこれまた強い強い><
初戦1
お互い気心がしれた身内同士といってもさしつかえがないgvです^^

結果
初戦2
味方は魔がネーニャ【スタン魔:足止め係】1人、対する対戦相手の魔さんは特化光龍さんで装備はすごいのですが援護重視で動かれる方でお互い兎さんを倒すことはあまりなく
戦績を見て分かるとおりガード持ちの兎さんの活躍が凄まじく
needでは苦手と思われる銃2の対戦相手チームにも関わらず接戦の末なんとか勝つことができました、わーい^^

----------------------------------------------------------------------------------------------------

この試合では【スタン以外のスキル雷属性のスキルが全て禁止、スカン・ガードなし】
初戦2:1
よく見ると対戦相手のチームには魅力の人が1人もいないのですが魔さんや牛さんが豊富&人もいっぱいでパワフルな印象とneedに負けず劣らず仲が良さそうなギルドでした

試合結果はこちら魅力2に対して相手の方が銃さん1人なのでスタン禁止も相まって味方の魅力が活躍した試合でした。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------

この試合ではお互いスタン魔さん持ちで魅力の数いがいは構成はとても似ていました【スキル全あり】
初戦2:2対戦相手のチームに銃2というneedが苦手としている構成なのですが
序盤やや押され気味ですが互角のいい勝負が続き・・

初戦3
なんとか勝てることが出来ました><
対戦相手の方は強い人が多くポイント差も6なのでもしもう一度混戦があれば負けていたかもしれないという見た目以上にギリギリの勝利ともいえるかもです。

試合内容を考察してみますと皆ががんばったのもそうですが
とにかくneedの特化兎Nさんがすごく上手いと思いました!スタンをかいくぐり高火力の魔さんが2人もいる中、ダウン数が二つだけというのは驚異的ではないでしょうか(?
しかも確実に銃の人を落としていく(それも圧倒的な速さで)ので魅力としては非常に動きやすかったです^^味方の特化光龍のN魔さんも恐らく対戦チームの中では一番強かったであろう特化兎さんを確実に落としていったり
その特化兎さんに何度も確実にパララを決め仕事させない魔神☆さん
ダウン数ゼロでフルハとヒット数でチャンスとポイントに大きく貢献した狸さん
対戦相手の狸さんや特化兎さんといったヒッターを粘り強くスカンで止めに行きチャンスを作る鰤猫さん
幸運スタンで対戦相手の銃さんにも幸運勝ちして味方を援護+攻撃で活躍の鰤羊さん
自分【特化猫】はチャームとスカンを><;

しかしながらやはり銃2でその中に高火力の人が1人でもいた場合needは非常に苦戦する場合が多いなと実感できる試合でもありました、これについては銃2の時☆さんの様に回復に長けた魔さんがいる場合魅力が前にでたほうがいいのか(? それともやはり序盤Q魔さんが前にでQSを羽盾で受けたり対戦相手の狸さんを誘いだした方が良いのか(?又、そういった時の各種の思考・陣形は(?等です。
------------------------------------------------------------------------------------------------------

初戦であった身内gvの再戦試合です、但し対戦相手の方が人が抜け一試合目とちがい均衡が崩れた様でした
初戦5
やはり対戦相手の落とせない味方の魔さんと特化兎さんの活躍が際立ちました^^

------------------------------------------------------------------------------------------------------
土曜日一番gvで対戦したギルドさんです【スキル全あり】
初戦7
3試合して3試合とも連敗でしたが
試合中盤ではポイントで勝っていたりと、とにかく3試合とも満足感のある楽しいgvでした>v<

対戦相手さんのチーム構成としてはneedがもっとも苦手とする銃さんが多数いたチームで
一試合目は銃2・二試合目と三試合目は鰤銃さんも加わってガスマスク+銃3という正に対need戦ともいえる布陣でした><;

特に三試合目では対戦相手チームの鰤羊さんが攻撃的なスタイルからスタンで援護という戦い方に変えてからneedのメンバーで対策を講じ試行錯誤したのですがすべて裏目にでて大差で負けてしまいました【特に自分はスタンを分散させる為に他の魅力と平行してあるくスタン分断作戦を狙い隙あらば、いつも上方向に陣取るクセがある鰤羊さんにチャームを狙うつもりだったのですが
チャームに固執して執拗に狙いすぎに言った結果フリーズと相打ちというもっともやってはいけないミスを何度も繰り返し相手の銃の人にその隙を狙われ落とされてしまいました】

フリーズつかまる-(2)チャーム自体も失敗してるみたいです;。;

チャーム自体の発生が遅いものあるのですがやはりチャームと相打ちでもフリーズが発動するほどフリーズは発生が早く、スカン・スメルに負けず劣らず強いですね~
【加えるならスカン等と違い発生が早い・巻き込める人数と範囲が広い・耐性が存在しない・失敗後の隙がない】と、言った所でしょうか。回転率に関してはスカンに分がありますがスメルと比べた場合は魔と猫を使ってみて思うのですがフリーズの方が単体では圧倒的に強さと使いやすく使える場面も多い印象を受けます。
フリーズが単体でも強いといったのは理由があり、スメルは単体では非常に使いづらく弱いのですが
他のスキル それこそフリーズやフルハ・スタンといったスキルと組み合わせて使うと非常に強力なスキルになります
特にTS最強スキルのフルハとの相性は抜群でお互い魅力であるがゆえに同時に魔の懐にも入りやすい&ストレッチを持っている狸さんが前にでていてストレッチを持っていない特化猫は狙われにくく後ろからスメルを投げやすいという利点があります。
フルハと相性が良いスキルは多数ありますが協力なチャンスメイクを作れるという点でも【フルハ+スメル】はTSでも1~2を争う程相性がよい組み合わせだと思います>v<


対戦相手のスタン+銃の数によってこちらも色々陣形を考えないといけない必要があり、特に銃さんが多い場合はスタンを分散させる為に無闇に離れない方がいい(?と、自分は思いました【個々に処理され後ろに魔さんがいない場合はこの分断並行進行は効果が非常に薄く感じました】

初戦8
加えてガスマスクがあるのでスカン等はまだしもチャームまで失敗多いも多かったです 残念です><;

初戦9

みんな捕まる

みんなぼろぼろ
やはり対戦相手の上位はほぼ銃3人で埋め尽くされ逆にこちらは特化狸さんを覗き
銃職が苦手な職でのダウン数が自分も含め圧倒的です。


しかし3試合とも大差で負けはしたもののギルメン皆が得たものも多くこれからの非常に中身の濃ゆい実のある楽しいgv3試合でした


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

チャームするにゃ!
この試合は特化光龍さんの活躍がすごかったですね~
ですが自分【ききゅ】も何気にチャームでがんばってたり
今週土曜日にgvで一番仕事ができたgvだと思います。
対戦相手に強い人達が何人か混じっているのですが自分は魔さんに対してずっと
「いいのかニャ(?それ以上近づくとチャームでめろめろにするニャよ(?」と、味方とその魔さんの間にはいり終止警戒させて混戦に入って暴れられるのを防でいました。
この試合では対戦相手チームに銃さんがいなかったので動きやすかったのとチャームの成功率が高かったのも幸いでした。
=======================================================================================================

日曜日gv全試合とも【スキル全ありルール】

身内gvで接戦があったり大差がつく試合もあったりとさまざまでした~
日曜日


他の試合です
1あああああああ

2いいいいいいいい

3ううううううう

4おおおおおおおおお
------------------------------------------------------------------------------------------------------<

【他ギルドさん達の対戦をみて思ったこと】
a href="http://blog-imgs-17.fc2.com/k/i/k/kikyu0017/20110422035254dec.jpg" target="_blank">日曜日2

最近観戦していてよく思うのが
全スキルありで対戦ギルドさんがすごく増えた事です。
いままでは当たり前の様に制限がついていたスタン・ガード・チャーム・スカン等がなく各職がフルスキルで全力が出せる為、自由度が増えたのと同時に今まで以上にそれぞれのスキルへの対策+各職に状況判断が求められる立ち回りに変わってきてると思いました。
今までのスキル制限gvではフルハをかわし後は各職攻撃第一といった立ち回りが主だったのですが
これからは攻撃重視ではやっていけない各職の役割が重要になってくると予想されます。


*全スキルでやってみて今現在の感想と思ったことは

まず攻撃職&兎さんはいわずもがなガードによる恩恵を受け装備等に大きな変化ができるかもしれません
回避を捨てて命中を積む人がいれば魅力は回避に装備をさくひつようがでてきます
HPを積んで対魔法効果も期待でき生存率があがります
しかしその分スタンがある為今まで以上に対戦相手に近づくのは至難になるでしょうし、もしかしたらステータス以上にさらなる動きの上手さ・対策を考えなければ、ガードありになっても活躍は困難になるでしょう。

感知職はスキル制限ありの中でも制限を受けずにこれた職なので大した差はないように感じるかもしれませんが
やはりスキル全開放ではスキル10種による戦略的しばり、各種耐性等を持つ為に高いTMポイントおいては高レベルが求められて来ています。

銃職は兎さんのガードありによって攻・魅を筆頭に誰でも狙いとりあえず打てば必中といった状況は不可能になる為しっかり誰を狙うかをピンポイントで見極め狙っていく必要があると思います【魅力を筆頭に牛・闇龍・羽盾が切れた魔・ガードが切れた人等】
特に魔を守り生かす為に今まで以上にスカン等の警戒【スキルの隙を狙い落とす】が必要になりました。

魅力職は対魔に対してのアドバンテージが大幅にあがりチャンスメイクとしての能力【狸さんもスカンの使い方がもとめられ・猫はスメル等による援護と逆転性】
しかしスタンをかいくぐって接近戦に持ち込む立ち回りや対策
スカン等は魅力にとっても危険なスキルであり治療をしてもらえる魔との連携、加えて獅子さんを守る為
攻撃職へのスカンもあったりとスカンの使い道が今まで以上に大事になりました。

魔職は対魅力の能力アップによって本来の立ち居地に戻され【特に猫のスキル開放により】フルハを交わしての
攻撃がほとんどといった今までの動作に加え、スタン・スカン・スメルへの対策として徹底した治療が必要になります。意識配分と状況判断の素早さが今まで以上に求められもしかしたらそういった意味では一番操作が難しい職になりやり応えが出てきたと魔を使ってみて思いました
特に天敵である対猫スキルのスカン・スメル・チャームはクール時間が長めなので数人の魔さん相手した場合徹底した治療をされると猫は非常に困ってしまうので猫のチャンスメイクを潰すという意味では効果的です。
ただ逆にそういった魔の方達の意識や手数をそちらにいかせる・・それ自体が猫の狙いといえなくもありません・・でもやっぱり徹底した治療は猫から見ると「どうしたらいいニャン!」と思わせるので悪い手ではないと思います
------------------------------------------------------------------------------------------------------

スキル制限意識配分が【9:1だったり8:2、多くても7:3】とシンプルだったのにくらべ
全開放だと【2:3:3:2や5:5,4:3:3】といった複雑なものになるのでスキルを駆使しチームとしての連帯感や
やり応えは大きいと思います^^

職にもよりますが相手を倒す爽快感という部分で言えば攻撃スキルが主なスキル制限gvの方が大きいので
爽快感を求めるのであれば制限gvがオススメです
------------------------------------------------------------------------------------------------------
土曜日チャームの成功率は全体を通してみて成功5:失敗5で
試合によっては成功率が高い時もあれば連続して失敗する時も多かったと感じでした
======================================================================================================




























大脳と小脳で会議をしながらgvきゅっ
---------------------------------------------------------------------------------------------
位置バグ4
黄色でかこってある人は全員位置バグです
自分が位置バグになった場合ほかの人のPC上でも同じ人が位置バグになっているのでしょうか(???
===================================================================================================
http://www.youtube.com/watch?v=LyFjZDlGN_M&feature=related

【金曜日タイマーなしgv】きゅっ

こんにちは~ 金曜日の【タイマーなしgv】の記録と感想です。
------------------------------------------------------------------------------------------
ルール:序盤【スカン・スメル・スタン・ガード禁止】の制限gv

途中から【全スキル開放】ルールに。

*今回は固定メンバーのギルドさんも早くから参加されすぐにルールはスキルは全開放に変わったので上記の
制限gvでは特にコレといった記録に残すこともないので以下【全開放】ルールのgv記事となります

=============================================================================================集まり1
今回は初参加者の方もたくさんいて未知数な部分がありこれまたドキドキでした//


集まり2そして4ギルドへと!みょん

人いっぱいで今回はすべての各職種がバランスよく揃った印象を受でした!わーわー[全職、しかも1人ではなく各職何人も揃うってすごいと思いました><;]

こうみてみますとタイマーなしgvで参加者が多いのはまず【gvにおいて死に職がでない(全ての職に意味がある】が大きい気がします。
以前【ネーニャ☆ミ】の記事でも書いた「ステが弱くても職相性と得意技を徹底して・・(略」がすべてのスキルを使えることによって出来る、いわゆる職種の多さ&スキルが豊富な為色んな駆け引きができる!>v<
加えて固定ギルドさんもありますが、その固定ギルドメンバーのギルドも含め皆でシャッフルするので
力の差{ステ差]はあっても詰んだ様な試合がないとうのもすごく良いと思います


メンバーが増えて主催者の方は大変ですが多謝多謝です 
======================================================================================================gv1
この試合は闇龍さんの活躍がすごかったですね~
味方のフルハに合わせて闇龍さん達がヒットを取るといった感じでしょうか
対して対戦相手チームさんたちは各職がそれぞれ確実にウィークポイントを狙ってヒットを取っていくといった試合内容だったと思います。

gv2
ネーニャの指定席!これは譲れません(え
対戦相手チームのダウンのみしている人も対戦相手のステ落としや、耐性スキル援護等で仕事を多数しているので
ヒットなしでダウン数があるといっても決して弱いとかでは全くありませんむしろその逆で彼らの仕事は味方に絶大な力を与えています(ネーニャは別として



-------- 一方その頃 need vs 関西弁 gvでは・・ ------------------------------------------------


gv3お互い死力を尽くすような接戦をしていて観戦しているほうも手に汗握るほどおもしろい
ききゅのgv記憶の中でも屈指の名勝負といえる程の神試合でした![終盤当たりからの観戦だったのでどういう状況でここまで接戦になったのかを説明できないのが残念です

以下緊張感ある試合画像をごらん下さい。

gv4.jpg

gv5


gv6.jpg

最後の瞬間勝利の女神はどちらに!?><
gv7.jpg

need vs 関西弁 さん達の最後の画像、黄色で囲っている部分は【Aさんが対戦相手のBさんを倒した瞬間、対戦相手のCさんがAさんを同時に落としています】となっており非常に珍しい引き分けにでした!

gvにおいて引き分けはたまにあるのですが
そのほとんどが闇龍さんvs牛さん・兎さんの攻撃での相打ちか、タイムオーバーなので
今回の様にある意味ここまで純粋な引き分けはgvではほんとうにめずらしい出来事でした。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------
その後はまた色々メンバーを入れ替えたりしてgvをたくさんしました~

終盤はお約束のボス狩りも!
そこでもneed vs 〇〇(各対戦相手ギルド)ではいい勝負が続き
今回のneedギルドは本当に名勝負製造ギルドでした

ボス戦1
ボス戦はボスを皆で協力して倒すというよりも
各個が思い思いに大暴れする様なスタイルが多く
この装備で「あの人は倒せるのかな><(?」や「戦略関係なし突撃ー!」といったまた普段のgvとは違った
わーわー感が非常に楽しいです

各ギルド総当たり戦で4試合ほど行いました。
自分は皆がしたで乱打戦を繰り広げている中
どのボスを召喚しようか迷ってる☆さんがかわいかったり
下の乱戦にはまったく加わらず淡々とツタンを製造しつづける牛さんが非常に印象的でした

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
その後夜もふけ、仕切りの人が変わり2次会へと


2次会初戦
味方【銃獅子・鰤猫・特化猫・鰤羊・特化光龍・特化闇龍】
           vs
対戦相手【特化羊・特化兎・特化闇龍・特化狐・鰤羊・特化狸】

2次会1

序盤いい勝負でしたが後半・・

2次会1・5
50ポイントのgvだったので差がじわりじわり広がっていき最終的にはこのようなポイント差になりました。

この試合自分は序盤はエリクサーを詰んで走れなかったのと対戦相手にスタンを使える羊さんがいた為変身猫で挑んでみましたが
前半から歩きにしてサポ中心で動いた方が良い結果がでた気もするので
変身がよかったのかサポで動いた方がよかったのか今考えても非常に迷う所でもあります。

走れない場合スタンを回避しづらいのと対戦相手の特化狐さんに簡単に懐を入られてしまうのですが
変身猫だと特化猫は走れるのとシャープスクリームがあるのでこの両方が一度に解決できるのできますが
その分この試合では対戦相手の特化羊さんと特化兎さん特化狸さんを他の方にまかせっきりになるので今考えるとどうだったのかなとも思ってしまいます。

対戦相手の闇龍の人がHP等のステを稼ぐよりも火力重視で普段からMBを張った魅力にもモリモリ攻撃してくる刀のですが
対戦相手に特化羊さんがいる事でMBを張りづらくした所を狙われたりしていたので
この辺の駆け引きがおもしろくもあり、MBを張りつつも特化羊さんの攻撃に耐えれるよういろんなタイプの属性耐性盾を作っておかないといけないなと思いました。

味方の銃獅子さんが動きも上手くステも高いのでこの獅子さんを上手くサポート(猫は主に対戦相手の特化兎さんを止める)ができればかなり違っていた状況になったと思います。
ただ、対戦相手チームにガスマスクがあったため猫のスカン等ではやや効果が薄かったのが残念でした(かわりに☆さんが上手くパララを決めていました
狸さんか兎さん2人いるので難しい中上手く決めていて[さすが!]と思いました)

2次会2

この最後の試合は初戦のチーム分けを特化羊さんと特化兎さん←→特化猫に入れ替えました

対戦相手の特化羊さんと銃さんにこちらの狸さんと自分がモリモリ落とされ
特化兎さんを落とせる人がいないので特化兎さんは暴れ放題・・


と・・・、途中までは思っていたのですが

gv終盤最後の方で味方にとてつもなく強い羊さんがいるのに気が付きました∑
いつの間にccしていたのか全然気が付きませんでした・・
よくみるとこの方が
味方のガスマスクで防御しスカンにも止められる事なく
上記の特化兎さん・特化羊さん・銃さんをどんどん落としていっているので
自分【ききゅ】はこの人達が落ちた後にある程度有利になってから前にでるような立ち回りにすればよかった;。;と気が付いたのですが
gv終盤・・

ききゅヒット0:ダウン8の戦績でした

強かった味方の羊さんいがいにもみんながんばって確実に仕事をしていたので惜しい事をしたと
同時に【ごめんなさい】;。;
ききゅが ヒット0:ダウン8と大幅に。























ダウンばっかりでごめんなさい、でもすごく楽しいです!
=======================================================================================================
http://www.youtube.com/watch?v=s9pvx5dOuZU&feature=related

【平日gv】記録きゅっ

今後何かの参考や指針として役立てる為にこれからはgvに参加した時は簡潔でも
必ずその時の記録と【特にききゅ:特化猫】がその時どう活躍したかを特化猫のgv記録に残していこうと思います

=======================================================================================================
4/14の平日gvルール【スカン・スメル・ガード・BG・スタン・チャーム禁止】

スカン・チャームのみその日の仕切りの人からのポイント差判断によって途中から使用可になるとの事【スメル不可】

*4/14のメンバーはうろ覚えなので間違いあるかもしれませんすみません;;

参加者 特化光龍・特化闇龍2人【1人闇龍さんは鰤でしょうか?】・鰤羊【光】・特化獅子2人・鰤銃狐2人・特化兎・特化牛・特化狸2人・特化猫1人

================================================================================================
一試合目【この辺からチーム編成の少し記憶違いがあるかもです・・、後は狸さんや銃さん鰤羊さんの入れ替えぐらいのみでずっとこの構成だったと思います確か・・(?><;】

特化闇龍2人・特化兎・特化猫・特化狸・鰤銃狐・特化獅子 対 特化光龍・特化牛・特化狸・鰤銃・特化獅子・鰤羊

特化猫の主要スキルがすべて制限されている為、とにかくダウンを取られない事を目指しました
そういった状況では特化猫の中で攻撃スキルはCTぐらいしか使える攻撃スキルがない為CTを放つもそのごクール時間の長さで【8s】
一度はCTを放った後はしばらく戦線離脱で激戦を後方から様子を見てチャンスがあればまたCTとマナブレを狙う程度
スキル制限がある為誰も特化猫を警戒しておらず、特化猫が傍にいてもほとんどの職の人が余裕でスルーおいては魔さんにまで余裕で横をスルーされ味方に攻撃され悲しくなる事多々・・;;
途中から「そうにゃ!変身で行くにゃ!」と、メイクアップで果敢に挑みにいく事を思いつき【きゅっきゅっきゅっニャー!】で毎回狙いにいってみるもあっさりDMされ放置でしょんぼりしながらそれでもメイクアップでと!果敢に攻め込んでみました【DMをいつの間にか食らってしまう事が多かったので不用意に近づきすぎたのと・・とにかく混戦の中でもしっかりDMを決めてた方は上手い~><と思いました←誰にされていたのかさえも分かってない程鰤猫・特化猫【特に制限gvでは】DM放置は全アリgv・スキル制限gvでは常道かつ好手なのですがこれからDMにどう対応して動くか・逆にDMの隙を逆手にとって何か良い手段がないかを考えてみて書いて見たいな~と思います
さいわい先に述べたスキル制限によって空気とかしまったく警戒されていなかった為さほど狙われた感がしないのが救いになっていたような気もします(??

相手チームのその試合では魔さんが強く大差が付いたのでようやくチャームのみですが解禁!
「ふふふ、特化猫の出番きたニャ・・」と心で歓喜です!^^

先の通り特化猫の空気っぷりがすごかった為チャーム解禁になってもまったく警戒されていなかったのと普段のスキル全開放gvのようにスタンをかいくぐるという苦労がない為【使える人がいなかったのかもしれません】
警戒されてなかった分前にでてきて攻撃する特化光龍さん→鰤魔さんの順番にチャーム敢行しました。

最初にチャームを特化光龍さんにかけたとき混戦でスキルエフェクトがみえずチャームがかかっているかどうかが判断しにくかったのですが激戦地域から特化光龍さんが下がり姿が見えなくなったので「効果あったのかにゃ?」と思い探す事はせず
次の鰤魔さんへとチャーム敢行!これまたスキルエフェクトがみえなかったのですがその傍でだれか1人がダウンし
ダウンされた方のスキルエフェクトが消えた瞬間鰤魔さんにチャームのエフェクトが見える様になったのでチャームの効果を確認し魔さんから味方の兎さんへの危険が去ったのとスカン・スメルが禁止の為これ以上守ることもできないので
単独で鰤魔さんに狙いを定めそのまま追いかけました。

その後そろそろ特化光龍さんのチャームが切れる頃だと思い前線に戻ってみるとやはり特化光龍さんが前線に入ってきたので何度チャームを狙うもスキル失敗
チャーム

しかしながらとりあえずそのターンは
ポイントも少し縮まり警戒されいない分近づきやすく程度仕事もでき
「チャームが魔さんに通った時の特化猫の制圧力はやっぱりハンパないニャ!」と思いましたが

時すでに遅し

その後は普通に銃の人からも狙われることも増えた気がして足の速さの差もありやや近づくのはきつくなった感がありました

しかし何とか特化光龍さんに近づけたの【安易に近づけたのはむしろ特化光龍さんの作戦!?】でチャームをかけましたがあっさりトリートメントで治療されました

このとき特化光龍さんは前にでず自分【ききゅ】が近づくまで動かずにいたのでチャームのタイミングを計っていたんだと思い「してやられたニャ!」上手い><と思いました

と、同時に本来ならチャームの前後にスカンで保険をかけるといったチャンスが狙えないのが悲しかったりも・・


その後大差で終盤以降「特化猫のみスカンのみ解禁」になりましたがやはりときすでに遅しで
相手チームさんにガスマスクがあるので試合の流れにまったく変化なしでこの試合はそのまま終了
=======================================================================================================
2試合目以降はチームのメンバーの入れ替えが行われ味方の強さと活躍のおかげで連勝しましたが
特化猫にはスキル制限解除がその後一切なく変身前の特化猫は絶望的で変身でなんとかがんばってみましたが
DMを受け特化猫空気になりずっと「ニャ・・ニャ~・・」していました

ラストの試合は鰤羊さんが味方に来たのですが注射はなく【この試合では寧ろ当然なのでこれは妥当な判断だと思います
そもそも参加されていた鰤羊さん自体が強く平日gvのスキル制限では狐職を除きほぼどの職も攻撃中心になりそのほうが良い結果につながり又、特化猫に注射を使うよりは狸さんやその他の攻撃を取りやすい職様に残しておくのが当然だと思うからです しかも特化狐さんがいないのでスキル制限も相まって特に注射を使う必要がないというのも大きな理由かもです(?】

と、いった理由でスキルが使えれば変身せずに立ち回りDMを食らった時でもチャーム・スカン等でプレッシャーをかけられるのですが残念ながら今回は無理でした「ニャ・・ニャ~ン・・・」

=====================================================================================================
【gv感想】
この日は魔神☆さんと終止同じチームだった事もありダウン数は大幅に減ったのが最大の幸運だったかもしれません
もし☆さんと一緒でなければどれだけ倒されていたか・・

変身中マジックバリアが切れても変身からの秒数を数えている方がいない(?)為か、気が付かれる事がほとんどなかったのが助かりました(スキル制限によりスキルの脅威がない為、特化猫にDM放置安定→空気→最後に仕留めれば良い的な流れがあったためだと思いますが。。;。;)

やはり制限gvでは特化猫の長所が封殺されてしまうのでできる事が多職に比べて薄くなり
基本的なTSでのgv構図の【特化猫>>>>>魔】は
平日gvではほぼ不可能と感じました
変身猫ならば一定時間は【特化猫>>>>魔】なるもののやはり変身前程魔さんに対しての制圧力はないのと
マジックバリアが切れた時点で【特化猫<<<<魔】になってしまうのでやはり【特化猫>>>魔】という構図はきびしいでしょう。

しかしながら変身時は攻撃的に動けシャープスクリームやワイルドナックルといったすごくおもしろいスキルもあるので特化猫で平日gvにチャレンジしようと考えている方は以前ステ考察でも書いた③か④のステ振りがオススメです
また最近の平日gvでは銃魔村状態が多く最近では幸運重視の装備の方も多いためメイクアップのスキル命中率も含め
ヒットさせやすいのも良いところだと思います^^

但し週末gvのスキル制限gvに変身猫でチャレンジする場合はどこのギルドさんも皆バランスよく職種を集め役割分担もしっかりしている所も多いので平日gvほど幸運重視の方が少ない為もしかしたら苦戦するかもしれません><;

平日gvではスキル制限のある変身前の特化猫はほぼ絶望的な印象を受けましたので
【変身特化猫>>>>変身前特化猫】といった感じでしょうか(?
======================================================================================================


どうして特化猫では厳しい平日gvに参加するの(?

夢見がちな猫「いつも何か変化があるのか、あったのかを期待して参加してしまうのニャ!」

変化って何(?

夢見がちな猫「色々ニャ!」


























なので、いつも平日を仕切っている方々に感謝しつつこれからもよろしくお願いします┏〇ぺこり
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
けい1
!

2

=======================================================================================================
http://www.youtube.com/watch?v=SnWD7_pAMFQ

【猫命】きゅっ

4コマ漫画用すごいです完成



























猫はスゴイデス
=======================================================================================
http://www.youtube.com/watch?v=z566bOB5TR4&feature=related

【ネーニャ☆ミ その2】きゅっ

こんばんは~

前回のブログで書いたとおり金・土曜日とスタン中心&攻撃的にネーニャを動かしてみたその感想を書いていきたいと思います。


-----------------------------------------------------------------------------------------------------
金曜日のタイマー装備なしgvは【ガード・スタン・スカン・スメル禁止】、途中から全スキルありのgvになりました。

ホシミも普段の回避ではなく魔力にしてみたり・・
運よくその日は二回目でサターン光臨!

サターンサターンきゅっ


全スキルありになってからのネーニャ・・
スタン鬼ネーニャ


スタン2その所業正に鬼畜の極み


といった風にタイフーンたくさんとスタンをバシバシ投げました。
ただし味方のスロモやフォールブラック・スカン等への注射はしっかり意識して動いてました。

ほかの魔さんの回復と前線で果敢に戦ってくれる味方達のおかげ思う存分スタンを投げれました。
結果はというと相手の狸さんや試合をかき回す兎さんをかなり制御できてチームに少しは貢献できたような気がします(??味方からもスタン最高と歓喜の声があがったので多分・・><;


それと普段はスタン対策に上から大きく回り込んだりしてくるA牛さんも味方でそういった分断作戦の様な攻め方も今回はなく対戦相手チームのほとんどが毎回狸さんを先頭にしてくるのでスタン魔としては先制攻撃しやすかったのも大きかったかもしれません。


その今回ずっと味方だったA牛さんのする動きは
自分も特化猫を使った時にスタン対策用によくするのですが、これが意外と有効な動きで中々使えたりしておもしろいので
また次機会がある時にでもこの戦法を書きたいと思います。



結果
↑この時はまだ制限gvの時の結果ですがすごい接戦でした
足止めスキルがなかった為やはり強引に前に出れる職や試合をかき回せる職の活躍度が大きいですね~


フリーズ強し
最後の試合はやたらフリーズが決まりました、わーい
フリーズは失敗した時のクール時間の長さが欠点ですがその分【発生・範囲・一度に止められる人数・拘束時間・スキル失敗時の隙のなさ・スキルの成否に相手の強さ等の関係が全くない・フリーズ耐性等のスキル耐性が存在しない】が非常にすぐれているので
例え攻撃され効果が切れるとしても一瞬とはいえ多数の人数を拘束でるのが大きな魅力です。
とりあえず人が密着した所で出すといった出し得的な使い方もでき、非常に強力なスキルなのでこれまたバシバシ使ってました

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
土曜日はほぼスキル全ありルールのgvばかりでした
一試合だけ牛さん達との試合で【ガード・スカン・スメル・スタン・フルハ】禁止でというのがあったのと
自チームに狸さんが二人いた時にフルハを自重していたぐらいでしょうか(?

今回はJ鯖イチの魔神(魔の神様と書いて)☆さんと組む事が多かったので回復は☆さんにまかせっきりで
当然この日もスタンをモリモリ投げまくってみました(魔神☆さんがいたのと前線で戦ってくれる味方のおかげです)

*戦力的大きな差がある対戦相手の場合は自重したりしてましたが基本同等・ステ差が上の対戦相手の人達には
ネーニャのスタンが止む事はなかったと思います


今回もやはり狸さんを先頭に固まって突撃してくる対戦相手の人が多かったので非常にスタンがばら撒きやすかったです
又、スタンを撒いても対戦相手の特化龍さんが攻撃>>>>治療の人が多く結構有効に働いたような(??



たまにフルハに捕まってもネーニャの装備なら狸さんの攻撃がかわせるのでフルハ捕まる→一秒遅れでスタン発動
→その後一定距離を取ってスタン→離れるのヒット&ウェイで兎さんや狸さんをずっとスタン→スタンしてました。
動けない対戦相手の人が目の前で動けないじれったさにムキムキしてるのが手に取るように分かって怖かったです


相手のチームの方もスタン完備で投げてくる事は多々あったのですが
味方チームのリザレクションが早くすぐに動けた為こちらはそれほど拘束された感はなくおかげで安全にスタンを投げる事ができたました^^


結果2

今回はネーニャのダウン数も多い試合もたくさんありました、理由は前にですぎて一瞬でやられたのと位置バグ等でフルハが見えなくなって捕まったりと・・後は後半相手チームの魔さん達が強引に突撃してきてネーニャを優先的に狙ってきてたりしてたので、ある意味相手チームさんに「ネーニャから始末して!」と思わせた(?だけでも結構仕事できたのかな//とか思ったり思ってなかったり・・(?@@;
でも流石にシャワー一発で沈められるのはタイマー装備なしの限界を見た気も・・;。;


後は仲の良い知り合いのT狸さんと対戦していて途中スタンが効かなくなってきたので理由を聞いてみると
T狸「幸運装備に途中から変えたからねw」と言われました【ネーニャの幸運の低さしっかりばれてました!】

こういった発想すごい好きです。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

今回の金・土曜日のスタン重視スタイルの感想を言いますと・・
結構効果はそれなりにあったかなと思いました^^


例えステータスで大きく負けていたとしても長所や職相性を生かして得意技を徹底してすること(☆さんの神憑った治療・動きの様に)
によって地力差のある対戦相手からも放ってはおけない存在と思わせた時点でgvに新しい駆け引きができるのと自身のキャラの存在価値が増すのですごく楽しいと思いました。



う~んでもこれは☆さんや攻撃できる魔さんがいたからこそかなとも思ったり・・
もしこういった二人の魔さんがいない場合はスタンばっかりしていても味方の魅力職がきつくなりそうなので駄目のような気も・・。

でも今週は威力はへっぽこながら積極的にシャワーをしたりスタン連打してみたりと攻撃的に動けて楽しかったです^^(魔を使ってみて味方のバリブレの有難さもよく分かった日でもありました)













果たしてネーニャはピリリとくる様な存在になれたでしょうか
=======================================================================================================
http://www.youtube.com/watch?v=X9muQIB-q_A&feature=related

【ネーニャ☆ミ】きゅっ

こんばんは~^^

現在ききゅが倉庫になっていてまともにgvできる状況ではないので所持が落ち着くまで
しばらくネーニャでgv参加する予定です。


そこで最近ネーニャに行き詰まりを感じる事もあったので
今日はいつもとはまた違った思考と意識配分で動いてみようかと思います

普段は

回復~回復~注射だったのですが
兎さんによく味方チームがかき回されること多かったので

今回は
意識配分をトータル10として

スタンor攻撃を7 回復を3 【注射はスロモ・スカンか味方兎さんへDMをみたら必ずするという気持ちなので意識配分にはいれていません】

ぐらいで微魔力装備ながらHPを捨てて
魔力でシャワーしてみたり
兎さんや狸さんはいやがるかもしれませんがスタン重視で動いてみてどういった結果になるか等を試してみたいと思います

なのでエクスクダリオンスカルロッドでも製錬で少し叩こうかなとか思ってもいたり><;
たまにはネーニャの魔法も切れ味いいんですよという所をみせて置かないと・・(ウソ!

前半・中盤・後半で色々変えて遊んだり試してみたりもいいかもですね^^

カウントが20ぐらいだと前半・後半分け位でしょうか(?
カウントが20ぐらいだと最近物足りないので25ぐらいもいいかなとか思ったり
でも25だとききゅの時は結構所持きついようなきも・・;;


ではでは~










普段まったく目立たないからこそ山椒は小粒でもぴりりと辛い、そう思って欲しい時もあったりします。
=======================================================================================================
http://www.youtube.com/watch?v=OniD9HHaF4A&feature=related
プロフィール

@kikyu

Author:@kikyu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。