スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【特化猫育成:初期ステとボーナス振り編その1】きゅっ

こんばんは~^^

今日は特化猫の【育成:初期ステとボーナス振り】について書こうと思います。


特化猫に限らず初期ステやボーナス振りは人それぞれの考えや装備によってはまったく違った物になり
ある意味正解はあってないものと言えます。


しかしながら長年ききゅ【特化猫】を使ってきてある程度の正解みたなものは分かるようになってきた気がします(?

特化猫は1PCの場合レベル上げが非常に大変なのですが
gvするにも最初は狩り用のステで
ある程度までレベルを上げてからそのごグラフバッグでステをgv用に変更するという手も有効です

なので、今回レベル215~レベル275ぐらいまでを目標にしたgvしない人の目線での初期ステ等についての考えも書いてみました。


======================================================================================================
gvをする人としない人とでは当然初期ステの考え方は全く違うものになります。

gvをせずに狩り・レベル上げに集中したい人は【攻3 魔1 感2 魅4】これが鉄板だと思います。
この初期ステでは【感2】で感知部分が死にステになりますが所持が感1と違い非常に余裕があるので所持アクセをつけなくとも物を持つ事ができ両方のアクセを攻撃や幸運等の足りないステを補う形にすれば
結局は初期ステが【攻4】の場合よりも高いコストパフォーマンスを発揮できるので良いと思います。

*例をあげると初期ステが【感1】と【感2】でレベル200の時を比べた場合所持・幸運は【感2】は【感1】に比べて
2倍になります。

特化猫の場合属性殴りで狩をする場合が多いので(特に変身を覚えてからは)、敏捷度も非常に重要になるのですがその際幸運も非常に重要になる為
初期ステが【攻4】の場合だと敏捷度はあっても幸運が低めになってしまうので、それよりは【攻3】【感2】にして
敏捷度は少し落ちますがその分幸運をある程度稼げるので攻撃が安定するといった所でしょうか(特にボス戦での変身殴りは幸運の重要度が非常に高く、幸運の恩恵を大きく実感できると思います)

=======================================================================================================
ボーナス振りは攻撃極め一択でOKです、
ほかのステ、特に回避に振る必要は全くありません
その理由は狩り効率に大きく違いが出るためです
変身のスキルの性質にも関係しています

属性攻撃は攻撃力が高ければ高いほど効果があるのはご存知の通りですが
猫のハイキック・ジャズコンボ等のスキル攻撃は【回避+攻撃力】のみによって威力が決まるので
属性を強くしても一切威力はあがりません

また例え属性耐性がありスキル攻撃が弱点のような敵がいて
回避にボーナスを振っておらずとも現状ではそこまで強い敵はいないのでボーナスを回避に振っていなくても十分ハイキック・ジャズコンボで戦えるので問題ありません。


たまに命中率の高い敵に遭遇し狩りをしなければならず回避を上げたいときは回避装備を付けてシェイプアップをすれば現状のTSではそこまで強い敵はいないので十分対処できると思います。

そして攻撃極めでの一番の大きな理由は変身の恩恵が非常に大きい為です。
【メイクアップ】がマスター時で素の攻撃力3,5倍になるので
属性剣装備によって
P剣を凌ぐ攻撃力+敏捷度アップ+属性攻撃できゅっきゅっきゅっニャー!!ができるので狩り効率が数倍に跳ね上がります。

狩りでは回避よりも攻撃力に大きく依存するので【特に変身狩りでは】、素の攻撃力にのみ影響を大きく及ぼすメイクアップ
この為の攻撃極めと言っても過言ではありません。
メイクアップ時は回避がやや下がってしまう為シャープスクリームの威力が落ちてしまうと思うかもしれませんが
回避+攻撃力がシャープスクリームの威力なので変身によって攻撃力が大幅に上がっているのとシャープスクリーム自体の攻撃力が高い為全く気にならないと思います(そこまで強い敵もいないのも理由の一つです)

*1pcで高レベル特化猫育成に欠かせないウブスの影モンスター狩りですがこのときはHp+回避装備でハイキックとコンサートツアーで一確を狙えるHp確保、もしくはHp確保できない場合にはハードシールド・オールシールドを使っての狩りがオススメです


高レベルになればgvにも所持を生かして戦えるようにもなります
感知と幸運がgvでは死にステになり後記の【攻4 魔1 感1 魅4】にと比べてやや劣るかもしれませんが
タイマー装備なしgvでは所持がある分走り回れることでエリクサーの大量消費を抑えることができたりと機動力を生かした戦いができます

レベル上げ途中でグラフバッグ使用前に課金gv参加する場合、やはり感知・幸運が死にステになりますが
ここでも意外と所持が生きることが多いです

ききゅを使っていて何度も経験した事なのですが
特化猫はその持っているスキルの性質上相手から凄まじくマークされやすく(同じ魅力の狸さんが一緒にいた場合でも先に特化猫処理を優先して狙ってくる場合が多い)、変身前の有効スキルがCTを覗き全て隙が大きく超接近戦で相手に近づくというリスクが必要なので攻撃を受けやすいのと、特化猫のスキルにPTで大きく貢献できるスキルもない為人数が多い場合はPTからはずされる事も多いのでフォースフィールドやオースが受けられない事も多く
特化猫は鰤猫・狸さんと違いストレッチもないのでクリティカルを受けてしまうので
相手に特化獅子さんor銃2の場合は課金ポシェットを使っていてもエリクサーがぶ飲みで消費が凄まじいのですが
この時に【感2】のわずかな所持猶予が命を救う事も何度もありました



======================================================================================================

グラフバッグを使わず狩りでレベル上げをしつつもタイマーなしgv参加or所持を課金ポシェットでずっと使えるなら【攻4 魔1 感1 魅4】もオススメです。


この基本ステで育てgv参加する場合は無駄ステが一切ないのが最大の利点です
ただしタイマーなしgvの場合は所持にもある程度ボーナスを振っておかないと走ることができないので
非常に不利になります。


この基本ステで育成する場合は【攻3 魔1 感2 魅4】に比べ幸運が低いので序盤やや大変になるのと
ボーナス振りをよく考えてしていかないといけないので育成難易度が上がります。

=======================================================================================================

上記のステ等で育成を行いgvで大きく活躍が期待できるレベル(例レベル275)になったとしてグラフバックでgv向きのステに変更、もしくはそれまでのボーナス振りをgv用に考えた場合の例をいくつかあげげたいと思います

①HP極めor優先(スキル全開放で職部をわきまえ最強の特化猫を目指すなら文句なしでこれです)

②バランス(良い所どりで各種制限gvにも対応がしやすいです)

③攻撃極めor優先(安定性には欠けますが破壊力と爽快感があります スキル制限の厳しいgv向けです)

④命中極めor優先

⑤回避極めor優先

*①~④の順番はききゅのgv用オススメボーナス振りの順位です^^

*上記の①~④は死にステが一切ない基本ステが【攻4 魔1 感1 魅4】&課金gvを想定してのボーナス振りです、優先とは基本ステが【攻4 魔1 感1 魅4】でタイマーなしgv等の時に所持にもある程度ボーナスを振る事前提という意味です。

*装備である程度のステを操作できる等もふまえてのボーナス振り考察です。
=======================================================================================================
順番に説明していきます
まず特化猫の性質・スキル・戦い方を考えた場合①が一番特化猫の向きボーナス振りと言えます。
HPをあげることでほかの魅力職のようにHP上げが火力になるということはありませんが
元々援護によってその真価を発揮する特化猫ですが
特化猫にはストレッチがないのと持っているスキルの特性上から相手に非常にマークされやすく攻撃を受けやすいのでとにかく生き残ってスキルを仕掛けるチャンスを作るのにこのHPボーナス振りは非常に有効です。
攻撃に振っていない為変身猫での破壊力には欠けますがP剣or良回避+攻撃力の剣を持つ事で十分補う事は可能です

変身前と変身後では変身前【援護重視】の立ち回りの方に圧倒的に分がある為です。

但し上記の文は全開放を主観としている為、スキル制限がついた場合はこの限りではありません
スキル制限【例スカン・スメル&スカン・スメル・チャーム】がついてしまった場合は援護重視という行動がとれない為攻撃極めと比べた場合特化猫の真価はこのボーナス振りでは効果が薄いと言えます。

【スカン・スメル・チャーム】が制限されるか【スカン・スメル】だけに制限がつきチャームは使えるといった場合のこの二つだけを比べてもステ振りの違いが大きくでてくるので特化猫は難しい所です。


試合の度にグラフバックでそのgvルールにあったボーナス振りに変えるというのはきびしい世界です。
あらかじめどういったルールのgvに参加するというのをよく考えていないとgvルールに振り回されやすいのが特化猫の悲しい所とも言えます(昔は自分と同じ特化猫を使ってgvをしていた知り合いの人もたくさんいましたがこういったルールに振り回されるのがいやになって特化猫を辞めた人をたくさん見てきましたし知っています)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
②バランス振り分け

ドミノピザのクワトロピザの様においしいとこどりのボーナスステ振りで意外とオススメです
このステ振りはタイマー装備なしgvでも非常に有効です
素の攻撃力も重要になる為高レベルになればなるほど効果が大きいです


素の攻撃力をボーナス振り込みで最終的に2000~2100程度を目指す【2000以上はあくまでレベル400時の最終目標数値なので一度に2000を目指すことはありません】


残りのボーナスをHP全振り【タイマーなしgvの場合は一試合のエリクサー・ゴールドポーション消費をある程度計算し、それが持てて尚且つ走れる所持にもボーナスを振っておくのもオススメです(ちなみに20ヒット試合の場合相手の銃さんの火力人数にもよりますが1人火力並みだとエリクサー100前後、銃さんが2人だとエリクサー130前後、ゴールドポーションは一試合30~35個が必要です】

攻撃力をある程度キープしておく事でP剣がない場合でも変身時の火力が期待でき変身を活用したgvも楽しめるのが長所です

【振り分け例】
レベル275でHP極めと攻撃力とHPに振り分けを比較したとして以下の様になります。 
{シャープスクリームのダメージも比較しておきます*ダメージ計算はwiki参照
レベル275で素の回避は68になります【シェイプアップなし】}


【攻撃力に振り分けなかった場合は素攻1114→メイクアップ時素攻3889 HP素8340→HPにボーナス全振り16560】
{シャープスクリーム12716}


【攻撃力に600振った場合は素攻1714→メイクアップ時素攻5999 HP素8340→HPに残りボーナス496振り12060】
{シャープスクリーム18071}


攻撃力にボーナス600振っただけでもシャープスクリームの威力が大幅に変わりますね~

全開放gvと制限gvどちらにも対応はできますが
やはりそのgvにあったステ振りができている場合の①や③と比べると
見劣りしてしまうのが欠点です。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
③最強の変身を一番楽しみたい場合はこれ一択で問題ありません。
また①でも書いたようにスキル制限がある場合のgvで特化猫に唯一の光り・・一瞬の儚き輝きを追い求めるのであれば迷わずこれでしょう。
但しチャームが使え、スカン・スメルが禁止の場合のgvでは中途半端なステ振りになってしまいます。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
④は攻撃的に戦い人向けだといえますが
スキル全ありの特化猫の戦い方を考えている場合や
スキル制限gvが主+P剣持ちの人いがいにはオススメしません。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
⑤は昔の自分がしていたボーナス振りですがオススメしません

⑤に比べれば断然①や②、③の方がボーナス振りの恩恵は大きいです。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------


=======================================================================================================
cat-in-fight_11.jpg
ハイキック

=======================================================================================================
http://www.youtube.com/watch?v=BsQSESNmzAA
スポンサーサイト

【実録need花丸組の実態組織構図】きゅっ

【注】それぞれに選んだ画像と通り名のようなものに深い意味はないです><; あてずっぽうなので気にしないでクダサイね


need紹介1




















かわいい猫








・・・・・・
つまり、これだけ個性的なメンバーが揃っているにも関わらずみんな仲が良いという事なのです。
=======================================================================================================
http://www.youtube.com/watch?v=4ec6kT8MNzI

【TS解体新書】きゅっ

gv終わり☆さんにチャーム検証の協力をお願いした時のお話です・・

【注】文章・文体はききゅの妄想入っています。


☆「おお、これはききゅ殿ガバスタにてどうされましたかな?」



き「☆殿、ワシは常々考えておる・・闇龍と特化猫・・我等の宿敵とも言うべき銃スキル、お互い反射もストレッチも持っておらず何度も銃には泣かされてきた。
  かといって、まともにやり合っても勝ち目があろうはずもなし・・銃をみたらまずは逃げるこれがある意味一番だとは思うのじゃが何せ銃スキルは射程距離もあるので簡単に懐に入られてしまう
  これがワシはくやしくてのう・・」


☆「ふむ・・・ききゅ殿、それならば是非ともお耳に入れたい情報があるでござる」


き「はて、それはいったいどういったような話でござろう?」


☆「いやなに・・まずTSというゲームは足が速ければ早いほど有利になれて強いでござる。相手より早くて上手く動ければスキルを一方的に当てることも不可能ではないし、相手のスキルにやられて不利な状態でも倒されずに逃げ切ることも可能でござる」


き「うむ。足の速さを生かすことは思った以上に重要かも知れぬ」


☆「そして皆が見落としがちなのだがTSの移動は横と縦を使った動き【□】と斜めは【/】の動きはできるが丸く円を描いて【〇】動くという事はできぬのだ、実は」




ききゅ【その辺でちょっと動いてみる】きゅっ、きゅっ


き「ほほう、確かに円を描いて動こうと思ってもできませぬな 
  必ず横と縦を使っての動きになりまする これは意識してなかったので知らなかったでござる」


☆「さらに付け加えるなら、縦と横移動と斜め移動のスピードを比べた場合斜め移動の方が
  早いのでござる」


き「~~ッッッ!!! 確かに! 実際今☆殿と検証してみて納得できもうした!」


☆「つまりこの斜めの動きを意識して多用する事によって攻撃→逃走がしやすいのでござる」


き「ふむ、しかしその事実をつかみすぐさまこの様な事を思いつくとは☆殿はさすがでござるな」


☆「いやー色々試したでござるから」




移動の秘密がわかったから銃に勝てるかというと?
いえいえ、そんな甘いもんじゃないのですよgvは


でも、☆さん恐るべし。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
↓実際の会話内容
星さん1

星さん2

=======================================================================================================
http://www.youtube.com/watch?v=0puzfN3QTrY

【月曜日もgvしましたよ~】きゅっ

こんばんは~

3連休だったので月曜日もgv参加してきまた~

tutututu.jpg
シャッフルせずに助っ人ありのギルド対ギルド戦【ルール全アリ】で行いました

お互いそれぞれに課金・微課金・チャージ装備なしといたのですが
スキル全アリだったので各職にそれぞれの役割があったgv内容でした


2oioioioi.jpg
お互い最近流行の銃魔村状態


reoreoreo.jpg
相手チームの方がステの強い人が多く揃っており序盤は相手に押され気味でしたが・・


etetet.jpg
いつものメンバーという事アリneedの会話も仲良しパワー発動です!ぎゅーん


iyuyuyu.jpg
あぶなーい!でもなんとか勝てました

今回はこんな感じで相手チームに強い人が入ってきても仲の良さで上手く対応できたと思うようなgvですごく楽しかったです^^


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
今回強い特化龍さんや攻撃重視の魔さんが味方にいたのでその魔さん達に攻撃をまかせ
自分のステは援護向きの為後ろの方で回復・相手チームの狐さんが狙うスロモを徹底的に治療【全gv試合の中盤あたりから相手チームの狸さんがこちらのヒッターやパララをする闇龍さんに試合序盤スカンを狙ってくることが多かったので中盤からは特化龍さんの動きを優先的に追いかけながら注射準備してました】・味方の中に切り込んでくる相手チームの狸さんを後方から足止め【スタン】


各ギルメンの動きも素晴らしく

・兎さん達はフォールブラックや相手チームの獅子さんに回避装備を意識させ幸運を下げさせたり絶妙の追撃など
火力の高い魔さんが多い中をすごい良い動きでぴょんぴょんかわしていたのが印象的でした

・獅子さんは相手の魅力さん達を確実に落としていき相手チームの魅力へのプレッシャーへとなっていました

・狸さんと闇龍さんのコンビは相手チームの銃の火力が凄まじい中、果敢に前に出て行きフルハでチャンスメイクを上手に作っていたと思います
闇龍さんはその狸さんや他の方をリカバで援護しつつもしっかり相手チームの狸さんにはパララを当てる素晴らしさ

・魔さんたちはとにかく前にでて攻撃・攻撃・攻撃
特化羊さんはカウンターで狸さんを上手く狙い打ち!
鰤魔さんは超攻撃的なスタイルがポイントに大きく貢献!
特化龍さんは最初に相手チームの狐さんを落として【相手のラッキーセブン・味方へのスロモ・グルミを防ぐ等】からの攻めがお見事でした!【バニッシュで消えれる狐さんは非常に狙いづらいのですが狙うの上手いな~と思ってみてました】


やっぱり仲の良いギルメンみんなで連勝できると楽しいですね~








対戦してくれたすべての人達にも感謝です
=======================================================================================================
http://www.youtube.com/watch?v=0HTYXiF9IqA&feature=related

【土・日曜日gv】きゅっ

こんばんは~

土曜日は課金gvに参加してきました

needを含め微課金gvさんが多かった為(ききゅも課金gvといってもチャージ装備はにゃんこ着用ぐらいで)ほとんど身内同士のような試合が多くgvルールは【スキル全あり】が基本でたまに対戦相手からの要望で【スタン・スカン・スメル・フルハ・BG(今回兎さんが自チームにも相手チームにもいなかった為ガードは特に何もなしでした】に制限が付くgvもありました。


↑特にこの制限が付いた時のgv戦では相手チームの構成がこの制限による恩恵を非常に大きく受けており逆にこちらは人数的には勝っている対戦であっても(ネーニャのへっぽこぶりとスカン・フルハ・スタン禁止で)かなり不利になる対戦だったのですが・・

ギルメンが一言
いい台詞
か・・かっこいい

相手の土俵でも愚痴ることなどなく尚且つ制限のなかでも自分達ができる最善を尽くして果敢に勝負に挑みそれを楽しむ姿勢は自分も見習わないといけないと思いました。
そしてスキル全ありによってこちらのチームが非常に有利になる場合のgvもあるのですが
そのような時にも快く対戦をしてくださる人達にも感謝しないといけないと思いました。

人と人との対戦であるgvは考え方も人それぞれなのでこれが決まりと決め付けるのではなく
なんでも試すぐらいの広い気持ちが必要なんだとギルメンのSSの発言で改めて学ばせてもらった気がしました^^


試合は負けはしたものの土曜日はgv中ずっとギルチャで常に戦略・相手の情報を皆で共有したりとコミュニケーションがしっかりとれていて中身は非常に濃ゆい内容のgvが多く楽しかったです



=======================================================================================================

日曜日は大まかに①身内+いろんな人が参加でき実力経験ともに関係なし皆でワーワー楽しむスタイル)と、これまた②身内(但しこちらは本当に身内のみが多く)の二つでgvが開かれていました【どちらともスキルは全ありスタイル】

一試合のみ①の方のgvに参加してその後は①の方は人数がすでにたくさんいた為②さんの方
にお邪魔してgvをワーワーやっていました


②の身内さんの方から「スタンバリバリ使ってください、勉強になるので」と言われて
「了解です」と返事はしたもののやはり大差がついたら控えましょうかしらオホホホと思っていたのですが
試合が始まってみればみんな想像以上に突進力も強くて気が付いたら泣きそうな顔で必死にスタン連打している
ネーニャの姿がそこにはありました・・;。;

最近では自重とかよりも「何を偉そうに!たかが【ききゅ】や【ネーニャ】ごとき強さの下手ぷーが1人自重して何が変わろうか!自分にそこまで力がある等と過信するとは勘違いもいい所じゃっ!(誰?」と思いポイント差がついても特にも周りから何も言われなければ普段と同じように立ち回ることにしてたりします

=======================================================================================================
にんずうさ
土曜日ギルメンのうれしい一言><; 思わずSSパシャ!





でも、本当の事を白状しますと間違えて相手チームの狸さんにリカバしちゃった・・と、いう失敗を何度もしてたりします ごめんなさい。きゅっ
======================================================================================================= http://www.youtube.com/watch?v=ACfbQ6csUmY&feature=related

【金曜日タイマー装備なしgvの感想と反省】きゅっ

おはようございま~す

昨日は特化猫でこれないか(?とタイマー装備なしgvから要望があったので途中から特化猫で参加させてもらいました。

途中からの参加で丁度ルールが【スカン・スメル・スタン・ガード】なしの制限ルールから→全開放に切り替わった所だったので恐らく雷魔さんと魅力さんは自分も含め開放ktkr!気分だったと思います。


自チームには特化牛・特化猫【ききゅ】・特化光魔・羽盾羊【雷】・銃狐さん達で
耐性スキル等もありバランスの感じは見た目よいのですが、他チームとの対戦では大差の連敗続きでした。


特に魅力の自分が思うように動けず、今回は全試合特化猫【ききゅ】は終止封殺されていて
チームに貢献する事ができませんでした。



初戦チームは雷魔・特化光魔・特化狸・鰤猫・兎さん

初戦では相手チームに銃の人がおらず簡単に落とされる心配がなかったので前衛にいて攻撃を引き付けるように動くつもりでした

そしてまず出会いがしらに相手チームの猫さんとスカン交換(これは意外と魅力同士では定石なんですよね^^

魅力は魅力ならではの強さを知っているので序盤ではまず手堅く狸さんか猫さんはを封じようとします
特に今回の試合の様な組み合わせでは1人だけ魔の邪魔になる特化猫を先に封じれば戦況は大きくかわるようでした
こちらはスカン耐性ありで相手の方はないので通常はこちらがスカン交換では圧倒的に有利なのですが
試合では常に相手のスカンが決まり、ききゅは何もできることがありませんでした。


【何故相手チームは耐性もないのにあれだけ動けて同じ猫職がどちらにもいるのにこうも一方的にこちらは止められてしまうのか><(?】

理由はお互いの狙っているポイントの違いが結果に大きくでた(?)ようにも思いました

相手チームは自軍の魅力へのサポートに慣れていて状態異常への注射と回復を気が付けばしっかりしており
有利になってから攻撃・フリーズへと移行していたので耐性がなくとも治療によって治してもらえそれによって
止まる事なくスカン・フルハの回転率があがっているという感じでした。

逆にこちらは攻撃を前面に押し出したような狙いで味方の状態異常に対しての治療よりも
攻撃>>>治療だったので全試合を通して注射は一度きり、フォースフィールドは羊さんから2回のみで
gv中の回復や治療が全くなかった分スカン・スタン耐性があったとしてもやはり治療の有無によってチーム構成やステ差よりも
「どちらのチームが魅力をカバーし魅力のスキルをきかっけに常に有利な攻撃を作り出すのが上手いか」
そういった試合でお互いのチームの狙いがはっきり違っていて
相手のほうの選択肢が成功しその為魅力のスキル回転率が物をいったような一試合目でした。



もっと序盤で治療と回復への意識配分をチャットでお願いしていればと・・
違った結果になる可能性が多かっただけに・・非常に悔やまれます(ききゅ弱くて下手下手プップーですみませんでした;o;)



ただ相手チームにスタン・スカン・最強スキルのフルハと全て揃っていたので
味方の状態異常をしっかり意識配分し動けていたとしても
トリートメントのクールが使えない時間中は瞬時に多数の状態異常をどれから治したらよいのか迷う事も多かったりと非常に難しかったと思います【自分が魔の時にもよく経験しているのでこれはほんとに難しいです・・でもそこがききゅ魔の腕の見せ所と思ってたり思ってなかったりと・・(え】


2試合目も似たような感じでしたが特化牛さんから銃狐さんへの幸運重視アドバイスや銃狐さんの狙い(味方の魅力を落とされないように先に幸運勝ちしている相手チームの獅子さんから落としたりとしてくれたので特化猫【ききゅ】自体は非常に動きやすくまた相手も銃狐さんの幸運に対抗してくれている為回避が低く猫の命中率でも攻撃はヒットしやすく無理して火力と命中を稼がなくてもよいのでHPも十分確保でき助かりました^^

最近のタイマー装備なしgvでは魔さんが非常に多くなった印象を受けていて、もちろんその魔さん達に対抗できる魅力は事尚更マークされるというわけでして><;

相手の闇龍さんが上手すぎたのと自分が下手さで集中的に狙われずっとパララで封殺されていました
;o;【闇龍さんの援護と攻撃・補助等の使い分けのバランスが高レベルでまとまっていて上手いです、特化光魔さんの時も治療や回復・攻撃の状況判断が早く周りをよくみていてスキルの使い分けが早い人です】
相手チームには特化光魔さんがいないのでチャームは治療ができません
なのでこちらとしては闇龍さんをチャーム、その他の魔の人達にはスカンを狙うつもりだったのですが
当然闇龍さんもパララを特化猫【ききゅ】にのみ集中させていてお互い同時に(?チャームとパララを掛け合う状況が多々ありました と、いうよりはむしろ相手の闇龍さんのほうが一歩早かった場面が多かった気もします;;

パララにかかった時はすぐに特化光魔さんの所にいってベッタリくっついて「直して欲しいニャン♪」アピールをしたりエモをだしたり何度もしたのですが全く気が付いてもらえなかったのが残念でした
なので先にも書きましたが早くからチャットで前試合の状態異常時や特化光魔さんにパララにかかった後の治療をしっかりお願いできていればなと・・後悔×2です。

後はタイマー装備なしgvが魔さんが多く銃の人も幸運重視にしている感じなので火力は大幅に落ちているはずなのですがそういった魅力には戦いやすい条件の筈でもあるにもかかわらず今回全試合ともエリクサーが途中で全部なくなるほどで自分でもびっくりしました【4114所持装備・所持ペット+gv装備以外もっていない状態】
いかに普段から魔さん達の回復に頼っていてどれだけ助かっているのかがよくわかってとてもいい勉強になりました。

味方の雷魔さんがスタンやフリーズが非常に上手かったので序盤は変身で走った方がよかったかなと今思ったりし
てます><; そうすれば治療がなくともある程度スカンがかわせていたらまた違っていたのかなーとも思ったり



今回のききゅの反省点は
・チャットでしっかりコミュニケーションをとれていなかった事【特に魔の人との連携は他職以上にしっかりとっておかないといけないなと改めて実感しました】←これに関しては色々とおもしろい考えがあるのでまた次の機会にでも^^
・スカン・チャームに必要に固執しすぎていて動きが単調になっていた(味方の特化光魔さんから離れすぎた)のでマナブレを使ってみたり徹底的な待ち気味に動いてみるなど引き出しが多いほど相手に色々な駆け引きを試す事ができるのですがそういった柔軟な思考にひどく欠けていた


全試合終わった後に考えてみると自分が特化光魔さん達組む場合は特化光魔職をメインで動かしているで経験豊富な方達が多かったので状態異常にあった場合でもいつも通りに特化光魔さんの近くに戻れば直してもらえると思い込んでいて
最終的にはラスト試合【今回参加したgv】それも終盤の方で注射の事をお願いしたのが失敗だったなと残念に思いました><;


実際自分で魔を動かした時に味方の魅力を生かすことで魔と魅力が相乗効果のような感じでお互いを強くさせて良い方向に働く事が多かったのでこれはまず間違いないと思います(このブログではgvを特化猫【ききゅ】個人からみて理知的に分析して書いているだけでほとんどがききゅの妄想です)





魅力は魔にとってずっとやんちゃで手間がかかる子供みたいなものだったりします味方にしても相手にしても

=======================================================================================================

http://www.youtube.com/watch?v=cDp5WmdUn5I&feature=related

【意外としゃべる猫】きゅっ

gv中狙ったにしろ偶然にしろ良い動きが出来た人にはついつい

今の上手い><と、言いまくってる事多いです。
と、いうよりは言わずにはいられない性格なんだと思います

ただ言うことでその人にプレッシャーになるかもしれない、褒められるの恥ずかしいからヤメテ!という人もいるかもしれません・・もしそういう方がいたらいつもgvではすみません;;

でも本当はチャットで話した作戦や味方の上手い動きをみたら
「わー!今のすごい良かったです 次も是非お願いします!」「〇〇さんうまーい!グッジョブ!グッジョブ!!」
と、褒めちぎりはしゃぎたい気分なんです・・。

いつも一緒になるような仲の良いメンバーになるとほんとはもっとおしゃべりしたいんです
でも私ちょっとやかましいかも・・と、反省(?)して静かめで今日は行こうと思い出したときには極端なものでいきなりgv無口になってるのはそういうのが原因だったりします。

それでも我慢できずに作戦を提案したり褒めちぎっちゃったりするかもしれません・・その時はごめんなさい;;

で、実の所ききゅも褒められるの大好きなんです!TSでもリアルでも褒められて調子にのりすぎてミスする時もあるけど調子にのる事自体は悪い事ではないと思ったりもして
調子にのっている時のほうが良い仕事ができて
そうやって褒めてもらう事で成長させてもらってる事を実感できてプラスになっているというか・・上手くいえないですけどそんな感じなんです

でもって調子にのるって実は強くて成長も早い!それでもって調子にのっても油断しない人は強くて隙がない!


gv中もっと褒めちぎってもいいでしょうか(?
=======================================================================================================
http://www.youtube.com/watch?v=aZl0UcTYfeY&feature=related

【スキル考察4メイクアップ中】猫は結構するどい爪を持っていますきゅっ

こんばんは~

今日はメイクアップ中に使えるスキルをききゅ【特化猫】が語りたいと思います

キャラによってじっくりチャンスを狙う特化牛さんもいれば、狸さんのようにタゲ付け必要なしスキル&全体攻撃がいくつもあるキャラはそれぞれのスキルを使いクール時間を調整しつつ動いています。gvではこういったスキル同士のクール時間を考慮し使い分ける事で攻撃時にはいかに手を休めず攻撃できるかという点も重要だと思います。
特化猫の場合もそういう場面はあるもののどちらかと言えば先にお話した特化牛さんと狸さん丁度中間的な位置にあると思います(どちらかと言えば特化牛さんよりでしょうか(?)


援護ではスカン系を中心に相手の隙を伺い、スカンで止まった相手に攻める時には変身前なら【ハイキック→ジャズコンボ→ハイキック→コンサートツアー→ジャズコンボ】がクール時間を考えた場合の特化猫の最強の連続技になります(あくまで相手方のほうに邪魔されず一方的に攻撃できる時があった場合のみです、前にも述べましたが
回避率が高い・自分では倒せそうにない場合はすぐさまほかの相手を狙っていた方が有効です)


正直にいうとそういったクール時間やスキル的なバランスでどちらが効率よく動けるかと言えば変身前と言わざるを得ません。
但しスキル制限があるgvの場合は特化猫唯一リスクリターンが見合っているスキルがよく禁止にされる場合も多く
攻撃面においてはリスクしかないスキルで戦いに行く事になりがちなのですが、短時間ながら圧倒的攻撃性能をもつ変身猫で挑んでみるの悪くないと思います。
また制限のないgvでも変身で闘う事によって特化猫の新しい面白さが見つかったり、上手くつぼにはまった時の破壊力はきっと病み付きになると思います



それでもハッキリ変身前と変身しない場合の特化猫はどっちが強いの?と聞かれた場合、相手や味方との職相性の組み合わせや個々のgv経験強さで一概には比べられないと思いますが・・
そういう事も含めgv全体のトータル的なもので見た場合・・・

ききゅの経験上あえて言うならば
スキル全開放gvの場合は変身しないほうが強いです(チャージ装備なしgvの場合は走れること前提です)

但しこれは先ほど書いたように状況によっては大きく変わると思いますのであくまでgv全体をトータルで見た場合でのききゅの感想です

=======================================================================================================
・使いやすさ(チーム編成等によって使いやすさは全然違ってきますがききゅの経験上のトータル的な感想で

★をつけています&スキルの発動時間・終わり際の隙・射程距離等など)

・当てやすさ(スキル補正による命中率といった所です)

・破壊力(特化猫のスキル内での破壊力です)

・ロマン度(そのスキルの成功時の見返りといった所です。
ある意味このロマン度が大きければ大きい程夢見がちな特化猫の大好きな・使っていて楽しいスキルということかもしれません
=======================================================================================================

・ワイルドラッシュ  使いやすさ★★★★☆
           当てやすさ★★★★☆
             破壊力★★★☆☆
            ロマン度★★★★★

メイクアップ版のハイキックみたいなスキルです。
スキルの性質上破壊力に関してはハイキックより多少落ちるものの使いやすさに関してはハイキックを遥かに凌駕します。
タゲ付け遠距離スキルなので一度射程に入りクリックした相手に対してはその後相手がどれだけ離れようとも関係なく攻撃できます、又タゲ付け指定遠距離スキルのわりに発生が早いのも特徴です
クール時間が8秒とやや長めなのが欠点ですがそれ以外はリスクとリターンが見合った良スキルだと思います。

普段の立ち回りでの攻撃以外では
特化猫はその持っているスキルの性質上警戒されている相手からはスタン・IC・グラキエースプリズンで動き封殺狙われやすいのですが
このワイルドラッシュやシャープスクリームがスタンの射程距離とほぼ同じの為、スタンで固められたとしてもこちらからもプレッシャーをかけることが可能です。

変身前ならば【マジックバリア→スカン→スカンが決まっても決まらなくても変身(スカンが決まった場合は変身することで相手のスタンが切れる前から攻撃ができさらに有効になります)→きゅっきゅっきゅっニャー!!】
=======================================================================================================
・ワイルドタロンに関してはリスクリターンに見合ったような火力・有効な使い方が見つからず特化猫の自分から見てもgvで重要視するほどのスキルではないと感じた為スキル考察から省きました><;
何か新しい発見等があった時に改めて紹介したいと思います

-=====================================================================================================
・ワイルドナックル  使いやすさ★★★★★
           当てやすさ★★★★☆
             破壊力★★☆☆☆
            ロマン度★★★★★

変身スキルの中でも特にお気に入りで大好きなスキルです!
この技が決まったときのききゅが一番ニヤニヤ(゚∀゚)してる時かもです。

ワイルドナックルの狙い所はずばり光魔(羽盾魔)さん達です
このスキル自体には火力はたいしてありません、それでも羽盾を失った魔さんを仕留めるには十分の火力です
超接近スキルの為混戦でないと中々狙いにいくチャンスはこないかもしれませんがこのスキルがヒットした時は
毒のような効果で相手にダメージを与えていきます
その有効時間も非常に高くワイルドナックルが決まっている間に羽盾が切れてしまった魔さんはHPがないと(大概は羽盾が切れた瞬間にワイルドナックルの効果で切って落とされる場合が多いです)
羽盾をかけ直そうとした瞬間に間に合わずにこのスキルでやられてしまいます。
しかもその羽盾をかけなおすタイミングが見ていると非常に難しいらしくワイルドナックルに一撃耐えられるHPがある魔さんでも唱えている間に2回ほどくらって落ちてしまうという場面もよく見ました。

羽盾魔さん以外の回避の低い職の人にもあてて相手に回復を意識させ攻撃を手薄にする事も可能ですが、唯一闇盾魔さんの場合は自分にも持続的にダメージが返ってくるのでよく考えて攻撃をするかどうかを行った方がよいです(ワイルドナックルの持続効果が長いのがこの場合あだになる事も多いです)

・クール時間が4sと短めなので一度ミスをしたとしてもチャンスがあればすぐに再度スキルを使い狙いにいけます
・ワイルドナックルの初段がクリティカルでヒットし場合その後の毒の追加ダメージもずっとクリティカルになるので、クリティカルでヒットし時はもっと(゚∀゚)ニヤニヤしましょう

一番残念なのが現状(バグ?)では一度ワイルドナックルがヒットしても別の相手に人にワイルドナックルをしかけてヒットし場合最初にワイルドナックルヒットした人に対しての効果が切れることがある事です

*スカンと同じくワイルドナックルが決まり毒効果が持続していてもワイルドナックルをしかけた本人がやられてしまうと毒の効果は切れてしまうので気を付けましょう(ちなみにワイルドナックルはトリートメントでは直せません)

*DMを受けたままワイルドナックルを仕掛け初段ダメージがゼロの場合は毒の効果はあるものの追加ダメージは0となるのでDM中にワイルドナックルを仕掛ける場合は気をつけましょう
出来る事なら注射で治療してもらった後再度狙いにいった方がよいと思います。
=======================================================================================================

・シャープスクリーム 使いやすさ★★★★★★★
           当てやすさ★★★★★★★
             破壊力★★★★★★★
             ロマン★★★★★★★

クールタイムが8秒という長さを除けばTSの攻撃スキルの中でも屈指の強さをほこるスキルだと思います。
魅力であるがゆえにマジックバリアが効いている44秒の間なら魔の懐にも入りやすいのが攻撃職では真似ができない長所でもあります。

*そのほかのシャープスクリームの使い方等に関しえは前記事を参照にしてもらえればと思います

破壊力はいわずもがな、タゲ付け不要の広範囲(最大四人)スキル、スキル後の隙も少なめ
そしてなんといってもシャープスクリームの一番の特徴はその発生の早さです!
狸さんのフルハは注意をすれば発動を見てからでも回避は可能ですが
シャープスクリームの場合はタゲ付け不要の射程距離の広さも相まって発動を見てから逃げることはほぼ不可能です(ここ重要です)

なので回避が低めのキャラで命中率の高い変身猫が相手の場合は射程範囲に入られる前に相手との距離を取らないと懐に入られた時点でアウトです。

=======================================================================================================

メイクアップ中の攻撃スキルに関して唯一の欠点といえば一番最初の方に書いた変身前の特化猫の様なクール時間をそれぞれのスキルで埋める連続技みたいなものがやや薄いと言った所でしょうか(?

しかしながら前の日記でも書きましたが【スカン決まる→変身→スキルで削っていく】と、いう時にはワイルドラッシュやワイルドナックル、シャープスクリームの中にワイルドタロンを組み込む事も可能で中々に有効です。



小さくもアリ大きくもある特化猫大好き!(*ノωノ)
=======================================================================================================
http://www.youtube.com/watch?v=_ZmxV1SdfDI&feature=related

【しばらくのんびり】きゅっ

こんばんは~

最近はまた時間もできてきて影クエとかができるようになってきたので
のんびりまったり再開しました~

影クエ品を集める為にホシミをした所
久しぶりのサターン光臨でドロップ率が60%になったので昨日は、ギルメンと会話をしつつ→影クエ(集め)→疲れたらgv観戦を繰り返ししてました


ギルチャの会話をみつつ久しぶりのgv観戦も楽しくお茶を飲みながらのんびりすごせましたズズーッ

screenshot1976.jpg
今回も参加されてる方や職種が豊富のようでした!
激戦の様子がよくわかる画像ですね~@@;


screenshot1962.jpg
今回観戦をしてて思ったのは中盤までは意外とシーソーゲームかもしくは互角ぐらい
後半になって差が付き始めることも多かったように思えました。

恐らく後半になるにつれそれぞれの職が自分が得意とする相手(味方が活躍しやすくなるように)優先して倒すべき相手を考えて行動できた側が段々と有利になっていったような(?

でも相手も動くし人数が多ければワイワイなって狙うのも難しいので口で言うほどそう簡単に上手くいかないものですよね><;

蔓延と攻撃を繰り返すよりは「誰が誰を狙う」「あの人がダウンしたら前に出るのでできるだけ優先して攻撃お願い」「DMやスロモを最初に狙われるので気が付いたら治療お願いします」と、こういう話合いやgv中に気が付いた相手のステや装備の変更とかもチャットで味方に報告しておくとかなり違った展開になっておもしろいです^^

そしてタイマーなしgvに参加してる方たちはこういう話もしやすい人がすごく多くワーワーやってる感じがしゅばらしいっといつも思うのであります


ではでは~
====================================================================================================

http://www.youtube.com/watch?v=Jxn5lxbEOpU&feature=related
プロフィール

@kikyu

Author:@kikyu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。